冷えルーフPV


※ 音声が出ますのでご注意ください。


屋根の暑い・寒いを解決する自然の力を利用したまったく新しい遮熱工法です。既存(新築も可)の屋根に冷えルーフシートを少し浮かせて設置するだけで、『日陰の効果』で屋根に直接日射が当たらないようにし、空間と通気で熱がこもるのを防いでくれます。
夏場の熱中症対策、省エネ対策はもちろんのこと、冬場の保温効果や結露の緩和効果もあり、年間を通して環境改善に力を発揮します!!

夏と冬の効果

冷えルーフは、金属折板屋根に新設・既設を問わず施工が可能な屋根遮熱システムです。

金属折板屋根の上に遮熱シート「冷えルーフ」を施工することで、屋根面の日射による温度上昇を抑制することができ、室温の低減・空調費の削減・CO2の削減といった効果の他、副次的な効果として雨音低減・結露の緩和・屋根材の熱伸縮による金属疲労の抑制・冬季の保温などの効果を得ることができます。
既存の遮熱対策商品である遮熱塗料・屋上緑化・二重折板等の方式と比較し、低コストで実施でき、施工期間も短く、設置撤去後の移設も容易にできます。
冷えルーフを施工する面積としては、屋根面積の80%程度。冷えルーフの遮熱原理としては、折板屋根の上に孔が無数に開いたシートを敷説することで日陰を作り出し、屋根表面に直接太陽光が当たらず、シートと屋根の間に設けられた通気層が熱の伝わりを抑制し、屋根上を風が吹き抜けていくことで、屋根面の温度上昇を防ぎ、結果として建物内への輻射熱を低減させます。また、屋根面の汚れ等(反射率の低下)に影響されることなく遮熱効果を維持していくことが可能な、全く新しい射熱システムです。


冷えルーフの主な効果

一年を通して様々な効果で快適な環境造りをお手伝いします。

冷えルーフの特徴





冷えルーフの仕組み