クボタ金属の窓の暑さ・寒さ対策
●窓の遮熱対策商品は、数多くありますが、クボタ金属ではお客様のご要望にあわせた3つの工法でお応え致します。

 夏・冬通じて建物の熱流入が大きいのが「窓」です。
 窓を対策することで、空調費の削減や室内環境の改善が見込めます。

建物の熱流入(夏・冬)

3つの対策工法


外側の窓枠か網戸の枠に取り付けるので、どんな窓でも取り付けることができます。(例えば、網入りガラスや、すりガラスなど凹凸があっても問題ありません。
ドットスクリーン施工後写真
ドットスクリーン取付後




窓の内側に吸盤フィルムで取付ができるので、仕上がりもきれいで、剥がしても跡残りがほとんどありません。

ミューフィット遮熱フィルム




窓の内
側に塗るコーティング方式です。見た目がほとんど変わらないので、窓そのものの透明感を維持しつつ、遮熱対策をしたい方にはピッタリです。




■施工事例 ミューフィットマイクロ吸盤フィルム
〇株式会社ネクスコメンテナンス関東様
施工前(室内側)                 施工後(室内側)
施工前(室外側)                 施工後(室外側)